職務経歴書の書き方

職務経歴書を書くときのポイントはいくつかあります。

まずは「簡潔」に書くこと。
アピールポイントを簡潔に、箇条書きにしましょう

これは、「客観的に書く」ためにも重要です。
職務経歴書を読むのは、他人である採用担当者です。
職務経歴書を見る人の視点に立って書きましょう。

そして、「ページは1枚か2枚で書く」こと。
じつは、職務経歴を簡潔にまとめられるかということで、コミュニケーション能力も判断されます。

職務経歴書をまとめるのに一生懸命になりすぎて忘れがちなのが、「職種にあったPRをすること」です。
どんなにすばらしい仕事をしてきていても、次の仕事に生かされなければ、採用担当者も採用することができません。

さいごに「署名は手書きをしましょう」。
パソコンで作っていると、自分の名前も入力してしまいがちです。
車内の書類であればそれでかまいませんが、職務経歴書では自分自身のアピールです。
自分の署名だけは手書きにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。