職務経歴書が必要なわけ

就職や転職の際に会社から提出を求められる書類のひとつに、職務経歴書があります。
職務経歴書とは、「これまでどのような職種、仕事をやってきたか。どのように取り組み、どのような結果を出してきたか」を簡単にわかりやすくまとめたものです。
書き方やフォーマットなどに特別な決まりはなく、スタイルや書き込む内容も各人で独自に決めてよい事になってます。

職務経歴書は、転職活動をする人にとって、ならない書類ですものです。
多くの会社の募集要綱には「履歴書と職務経歴書を提出のこと」とあります。
また、提出書類に「職務経歴書」がない場合でも、応募の書類送付の際には職務経歴書を添えるのが常識になっています。

なぜ職務経歴書が重要視されているのでしょう。
それは採用側(会社・企業)が、「自分たちの要望に沿う人物かどうか?」を判断するためです。
職務経歴書があれば、履歴書からは読み取れない、より具体的で細かい応募者の経歴を知ることができるからです。

応募する側にとっても、職務経歴書は履歴書と並ぶ重要なアピールツールです。
履歴書では書ききれない、かかわってきた仕事の内容や成果、心構えをしっかりとアピールできるからです。
職務経歴書でしっかりアピールできれば、面接の時にはもっと突っ込んだ話もできます。

職務経歴書を有効に使って、自分自身をしっかりアピール、プレゼンテーションしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。